WordPress(ワードプレス)製作代行

【アメブロとワードプレスの違い】
集客に強いブログを使っていますか?
よく比較されるのは、「アメブロ」と「ワードプレス」ですね。
ここでそれぞれの特徴をご紹介します。

 


アメブロのメリット・デメリット

 

【アメブロのメリット】

 

アメブロはSNS

アメブロはSNSの要素が強いブログです。

読者登録以外でも

・コメント
・リブログ
・メッセージ
・グルっぽ

など、ユーザー同士がコミュニケーションを取れる昨日が沢山備わっています。

 

無料で使う事ができる

最初ブログを始める時に無料っていうのはありがたいですよね。

※但し広告を外す場合は月1080円
年間12,960円掛ります。

 

【アメブロのデメリット】

商用利用禁止。アカウント削除のリスクがある

僕も昔アメブロを商用目的で使っていましたが、消され事からワードプレスに移行しました。

アメブロは商用利用を禁止していますので、商品販売や事業紹介は削除対象になります。

スマホ表示と異なる

アメブロは、パソコンとスマホが1つのデザインで構成される「レスポンシブデザイン」ではありません。

パソコンで見た場合、スマホで見た場合が大きく異なります。

アメブロはデザインのカスタマイズができますが、それはパソコン版で見た場合のみとなります。

今スマホで見る人の割合がどんどん増えています。僕の場合も7割ほどはスマホからです。

パソコン版だとカスタマイズすることで、記事の下に見て欲しい記事のリンク等を自動挿入することができます。
しかし、スマホだとこれができないのです。

記事の下は最もアクションを起こしてもらいやすい場所。
そこへ大事な記事へのリンクを置くには、スマホを考えると、都度入れるしかありません。

古くなったら、1記事1記事修正しなければいけません。

これが非常にマイナスな点です。

WordPressは「レスポンシブデザイン」で、一斉に全ての記事下に見て欲しい記事へのリンクをつけたり外したりすることもできます。

 

SEO検索はブログタイトルの1つだけ

先ほども書きましたが、アメブロはSNS要素が強い為、アメブロ内だけで楽しんで欲しいと考えています。

なので、アメブロ内だけで楽しめるコンテンツを多く使用しており、投稿記事もアメブロがランキングしてくれています。

ですが、アメブロを使っていない人からはリンクを貼ってもらわない限り見つけられないんです。

もちろん、商用利用ではなく、ただ楽しみたいという方には気にならない点ですね。

 

 


ワードプレスのメリットデメリット

 

【ワードプレスのメリット】

オリジナルのアドレスで運用できる

ワードプレスは、manyscent.comのような「独自ドメイン」といって、自分オリジナルのアドレスで使います。

無料ブログや、ameblo.jpとつくことで、ビジネスとして信用に欠けると見る人もなかにはいます。

アカウント削除のリスクがない

当然ですがアカウントを削除されるリスクもありません。

WordPressの入ったサーバーが攻撃を受けて、書き換えられるという被害も一時期ありましたが、バックアップを取っていれば復活することもできます。

商用として自由に使えます

カスタマイズの自由度が高い

WordPressはブログだけではなく、ホームページ、ECサイト、会員サイトなど、やろうと思えばなんでも作れてしまいます。

専門知識は必要になりますが、非常にカスタマイズの自由度が高いです。

たとえ自分でできなくても、優れたテンプレートが沢山出ていますから安心です。

また、「プラグイン」を追加すると機能を拡張することができます。

WordPressは無料で公開されているもので、世界中でデザインのテンプレートやプラグインが開発されています。

プラグインを追加することで、元々のWordPressにはなかった機能も追加され便利になります。

例えば、SEOを強化してくれるプラグインだったり、よく読まれている人気記事を自動集計して表示してくれるものがあったり、セキュリティを高めてくれるものがあったり、SNSに同時投稿できるものがあったりと、数え切れません。

どんどん自分好みのブログにしていけるのです。

 

 

【WordPressのデメリット】

慣れないと設定が大変

ドメインやサーバーもそうですが、WordPresのインストールや初期設定は不慣れだとハードルが高く感じます。

特にアメブロなど無料ブログからWordPressに移った場合、まず環境を整えるところから必要になるので、つまづいてしまう方が多いです。

管理画面も、アメブロに比べたら、難しそうに感じてしまいます。

難しそうに感じるのは、どこに何があるかわからないからで、日々触っていると使いやすくなるんですけどね〜。

 

育つのに時間がかかる

アメブロが人が集まっているショッピングモールに出店するようなものに対して、WordPressは人通りのない場所に自社店舗を構えるようなものと書きました。

始めただけでは存在が知られていません

書くだけ、待っているだけでは誰も見にこないのです。

検索にヒットするSEO対策も必要ですが、検索から来るようになるにも時間はかかります。

ですから、

・記事タイトルや文中にキーワードを入れて、検索から来てもらえるようにコツコツと記事を書きためる
・SNSと連携して、投稿したらSNSで拡散する

この2点は絶対に必要になります。

育つのには時間がかかりますが、育っていくと中心になるメディアとなります。

バージョンアップなどこまめにする必要がある

これはメリットでもあると思うのですが、WordPressはバージョンアップが非常に多いです。

年に何度もあります。

で、多いのがバージョンアップせずに、古いまま使ってしまっている人が実は多いです。

セキュリティに関するアップデートが多いため放置して古いままだと危険です。

ですから、管理画面(ダッシュボード)に更新のお知らせが届いていたら、速やかにアップデートしないといけません。

更新自体はすぐに終わりますが、放置しやすいため注意が必要です。

 

まとめ

アメブロとワードプレスそれぞれの使い方がおわかりいただけたでしょうか?

アメブロをやっていて、ワードプレス1本にしたいという方も多くおられますが、僕は両方使うというのも1つの手だと思っています。

ワードプレスで事業紹介を行い、アメブロにリンクを張りつけて、集客を狙う。

一番のオススメです。

ワードプレスを作りたい方は製作代行をしております。

wordpress
お好きなドメインで作成
お好きなメールアドレス
好きなブログデザインから選べて、
製作費¥30,000でやってます。
年額維持費は¥3,000です。
計¥33,000(これ以外の費用はかかりません。)
※ドメイン代・サーバー代込

 

 

 

 

 

WordPressはブログだけではなく、ホームページ、ECサイト、会員サイトなど、やろうと思えばなんでも作れてしまいます。専門知識は必要になりますが、非常にカスタマイズの自由度が高いです。たとえ自分でできなくても、優れたテンプレートが沢山出ていますから安心です。

 

Facebookをどのように活用していますか?
もし、今の使い方以外に「集客の方法」「組織の効率的活用法」「配信方法」をより上手にできるとしたら?
去年9月から開催したFacebook講座に延べ50人以上が参加してくれました。

 

専門的な知識を持ってその個別具体的な問題を解決してサポートする人をコンサルタントと言い、事前ヒアリングで組織・個人が抱えるビジネスに関する課題の本質を明確にし、お客様に合わせた最適な解決手法をお手伝いします。

 

個人経営者の方からお願いされる時は「集客力が少ない」、「売り上げが伸びない」とかが多いですね。実際集客力が少ないっていうのも掘り下げれば、
「お客さんが少ない」のか、「客単価が低い」のか、によっても見方や方法が変ってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です