梅干しの力-鬱(うつ)病に効く!疲労回復・抗酸化作用・整腸作用:ストレスが多い方にはオススメ!

環境によって、鬱(うつ)の症状がひどくなる知人がいます。

いろいろな治療をしてもその人に合わなければ
なかなか改善しないようです。

つらさは本人以外にはわからないので
周りはどうしたらいいかのか分からなくなりますよね。

怒ったり、悲しんだり、
感情をあらわにしてわめいたり。

仕事を辞めたくなったり、
どこか消えたくなったり。

無気力になったり。
自分を殺したくなったり。

わかっていても、どうにもならないらしく
どんどんマイナス思考になっていくようで
わるいほうへ、わるいほうへと考えを進めます。

鬱にも「環境的要因」と「身体的要因」の2種類があります。

今回は「身体的要因」で鬱状態になっている改善策をご紹介します。
身体的要因とは何か?
・慢性的な疲労
・月経前や出産後、更年期などのホルモンバランスの変化

うつ病は「心の癌」とも呼ばれるように、心に毒素が溜まってしまっている状態です。
その毒素を取り除く手っ取り早くできる処方箋があります。

処方箋
・梅干しを食べる(梅しょう番茶を飲む)
・ランニング(運動)をする
・手っ取り早くはないけど、旅行に行く。

ホルモンバランスの変化はいたしかたないところもあるので何とも言えませんが、
やはり気をそらしたり、気分転換が効果的です。

・梅干しを食べる
梅干しのパワーって皆さんご存じですか?
なんとなく身体にいいだろうな~ぐらいは知っている方は多いと思います。
そんな方に梅干しのパワーをご紹介します。

「梅はその日の難のがれ」とことわざがある通り、
昔の人は「梅干し」を薬として携帯していたと言われています。

①疲労回復
梅干しがすっぱいのはクエン酸によるものです。
体内でエネルギー源を燃やしてエネルギーにする回路をクエン酸サイクルとよびますが、クエン酸がこのサイクルの働きを活発にし、疲労の原因となる乳酸の蓄積を防ぎます。
疲労回復に効果的なクエン酸は、体内のカルシウムの吸収をよくする働きもあります。骨の弱い子供や高齢者のカルシウム不足にも梅干しがよいわけです。

②抗酸化作用
私たちは空気中の酸素を体内に取り入れて酸化によって得たエネルギーを利用して生命を維持しています。この酸素が活性をもった酸素種に変化したものを活性酸素と呼びます。
活性酸素は細菌を殺してくれる反面、多くなりすぎると体内の細胞を攻撃してしまいます。大気汚染、電磁波、ストレスなど現代社会の様々な現象は活性酸素を生みやすくしています。この活性酸素の発生を押さえるカタラーゼを出す梅干しは、適切な抗酸化食品といえます。

③整腸作用
唾液中には、アミラーゼという酵素が含まれています。このアミラーゼは消化酵素の一種で、エネルギー源となるご飯やパンなどに含まれるでんぷんの消化を助ける重要な役目をします。
いろいろな食べ物の中でも、梅干しは唾液を出させる効果が高い食品で、梅干しを食べた時の唾液の量はレモンの倍近くまであります。

他にもガン予防に効果があったり、殺菌力がありお弁当に使われたりとまだまだ梅干しには沢山のパワーが秘められています。

その梅干しの食べ方ですが、梅しょう番茶がオススメです。

梅干し…中1個
しょうゆ…小さじ1
ショウガ汁…小さじ1
自然塩…少々
三年番茶…200cc

あるいは、梅干し、しょうゆを多めに入れます。

症状の改善が見られないようなら
「梅しょう番茶」に大根おろしを加えます。

梅干し…大1個
大根おろし…大さじ山盛り1
しょうゆ…小さじ1
ショウガ汁…小さじ1
自然塩…少々
三年番茶…200cc

いずれかの「梅しょう番茶」を毎日毎日飲むことで
毒が少しずつ消えていくはずです。
気長に続けることが大事です。

人工甘味料などの添加物入りの「調味梅干し」は買わないようにしよう

梅干しには、大まかに分けて2種類あります。
塩だけで漬けた梅干しとその他の調味料が入った調味梅干しの2つです。
調味梅干しは人工甘味料や着色料が含まれているものも多く、体に余分な添加物をとっているのか梅をとっているのかわからなくなります。
また、梅干しを作る過程で梅を3日くらい天日干しするのが伝統的なやり方なのですが、調味液に漬けるだけで天日干しの工程をしていない梅干しがあるので、購入する時はくれぐれも気をつけましょう。
おすすめの梅干しはこちら↓

塩分が多い梅干し。多くても一日に1個から2個までにしましょう。

塩だけで漬けた梅干しの方がクエン酸量が多く酸っぱさも強めで、余計な調味料が入っていないので安全です。
塩だけで漬けた方が防腐効果が高いのですが、白梅干しは塩分が約20%、シソ漬けは約18%と塩分が高めなので、食べ過ぎには注意しましょう。
梅干しを摂るのは1日多くても2個まで。
塩分の取り過ぎはむくみの原因にもなってしまいます。
おすすめの梅干しはこちら↓

精製された人工的な塩でつくる梅干しにも注意

梅干しを漬けるのに大事な塩で「自然塩」を使っていないものも売られています。
自然塩には人体に必要な有機ミネラルが豊富に含まれているのですが、精製された塩にはミネラルは含まれていないただ塩味のする粉なので、梅干しの効能は弱く、日持ちもしませんし、逆に健康被害につながります。
購入する際は「自然塩」を使ったものにしましょう。