ダイエット停滞期の乗り越え方10選

米国、一流大学の科学者グループが実施した2010年の調査によると、わずか20%の人のみが、余分な体重をダイエットで効果的に減量できているとのこと。実はこれ、プラトー効果のせいなんです。プラトー、つまり“停滞期”とは、ダイエット中のわずかな体重減少の後に、どんなに努力をしても体重が減らなくなる現象のことをいいます。 もちろん、多くの人は進歩がない場合、それに失望し、健康的なライフスタイルを続けることを諦めてしまう傾向にあります。 ブライトサイドは、たとえプラトー段階にあっても、体重を減少させるための科学的に証明された方法を見つけ出しました。
ただし、もし数週間の激しいトレーニングの後でも、体重計が同じ結果を示しているのであれば、代わりに巻き尺を使ってみてください! なぜかというと、筋肉が発達し、脂肪を失っている可能性が高いからです。 また、自分の服がどのようにフィットするかも確認してみてください。ジーンズが緩くなるということは、自分が努力を続けるための良い刺激になりますので!

タイムスタンプ:

筋トレを始める0:54
1週間を通じての食べ物のカロリー値を変更する1:51

本物の減量のプラトーであるか偽物であるかを見極める3:26
タンパク質と野菜の消費量を増やす 4:38
色々なエクササイズのセットを交互に行う5:41
たまに、おいしい食べ物を食べる6:39
カロリーの消費量を更新することを忘れない 7:25
十分に睡眠を取っているか確認する8:09
カロリー計算をする 8:48
自分の体の特性を考える10:20

音楽:

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

概要:
-本格的に体重を減らし始めると、新陳代謝率は低下します。 逆説的ではありますが、体重を減らせば減らすほど、消費されるカロリーの量は少なくなるのです。
-ダイエット中は、身体が食べ物の摂取量の減少に順応し始めます。 結果として、エネルギーの消費を削減するのです。
-健康的な減量プロセスは、そんなに早急に起こるものではありません。 身体的な訓練や、特別なダイエットにより食事計画を作成することにより、身体をかなりのレベルのカロリー不足にさせる必要があるのです。
-減量のプロセスをスピードアップするためには、炭水化物を減らしタンパク質の摂取量を増やすことも効果的です。 低炭水化物ダイエットは、余分な体重を取り除きたい場合には非常に効果的なものです。
-トレーニング・プログラムを月に一度変更すること。 ヨガの代わりにピラティス、ピラティスの代わりにステップ・エアロビクス、ステップ・エアロビクスの代わりに筋トレ、といったようにそれぞれを交互に行っていくのです。
– もし食べる誘惑に抵抗したいのであれば、自分のニューロン結合が正常に機能していなければなりません。 長い間ダイエットをしていると、脳は、おいしいものを食べてみたいという強い信号を送り始めます。
– 自分の体重を安定させたり、減らしたりするのに必要なカロリーの数値は、身体的活動だけによるものではなく、体重にも関係しています。
-十分な睡眠を取らないと、代謝率が低下してしまいます。 さらに、ホルモン値の変化により、食欲が増加し、脂肪が蓄積されることになってしまうのです。
-人々は消費する食ベ物の量とカロリーを過小評価する傾向にあります。
-余分な体重を減らそうとしているときは、体重の変化だけによってその進行状況を把握するべきではないということを忘れないでください。

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
—————————————-
声の提供

荘司哲也 さくらい声優事務所

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です