アトピー性皮膚炎の治し方?完治への道!

アトピー性皮膚炎

日本皮膚科学会によるとアトピー性皮膚炎とは、
「増悪・寛解を繰り返す、
瘙痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、
患者の多くはアトピー素因を持つ」と定義されています。

 

 

 

アトピー素因とは?

(1)本人または家族がアレルギー性の病気(アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、ぜんそく、結膜炎など)を持っていること、
(2)アレルギーと深い関係がある免疫物質「IgE抗体」を作りやすい体質を持っていることをいいます。
アトピー素因とは「アレルギーを起こしやすい体質」と考えるといいでしょう。

原因が一つとは限らない「多因子性」の病気
アトピー性皮膚炎の原因には、
アトピー素因やバリア機能が低下している皮膚状態などの「体質的な要因」と、
アレルギー症状を起こす物質(アレルゲン)や皮膚への外部刺激など「環境的な要因」があります。
体質的な要因と環境的な要因が重なったときに、皮膚炎の症状があらわれると考えられます。
ただし、アトピー性皮膚炎の増悪原因や症状は人によってさまざまです。
例えば、同じ化粧品を使っても、症状が起こる人と起こらない人がいますし、
あるときは大丈夫でも、あるときは症状が出るということもあります。
また、そのときの体調や精神的な状態によっても異なることがあります。
これはアトピー性皮膚炎が、一つだけでなくいくつもの要因が重なって影響する「多因子性」の病気であるためです。

 

 

 

要因

★体質に関する要因
アトピー素因
皮膚のバリア機能低下

★環境に関する要因
アレルゲン(アレルギー症状の原因となる物質)
食物、ダニ、ほこり、カビ、花粉、動物の毛やフケなど
アレルゲン以外の刺激
汗、衣類による摩擦、乾燥、ひっかき傷、「洗剤」など日用品、化粧品など
その他
寝不足、過労、ストレスなど

 

 

 

 

年齢によって症状が変化する

アトピー性皮膚炎の多くは乳幼児期に発症し、成長とともに治っていく傾向があります。
ただし、大人になるまで続くことや、一度治った人が再発することもあり、
再発した場合は治りにくいといわれています。
また、年齢に応じて症状の傾向が変化し、乳児期は頭や顔に多く、
幼児期にかけてだんだんとからだや下肢に広がります。
特に関節部分にできやすく、皮膚の乾燥が目立つようになります。
思春期~青年期になると、顔や胸、背中、ひじなど上半身に湿疹ができやすくなります。
乳児で2ヶ月以上、幼児~成人は6ヶ月以上症状が続くと、アトピー性皮膚炎と診断されます。
この状態だと医療機関での受診を勧められるでしょう。

 

 

 

医療機関の限界

医療期間に対してどうこう思うことはありません。
実際に治療を行い改善されてきたケースは数えきれません。
しかし、完治されたケースは医療機関ではあまり聞きません。
それは、完治を目的としておらず、楽に改善する方法を選んでいるからです。
それを好む方もいるでしょう。
ただ、完治を望んでの医療機関ならば難しいでしょう。
では、完治までの道のりはというと楽ではありません。
今も完治例を増やしているにすぎません。
現在、アトピー性皮膚炎を完全に治療できたのは3例です。
大人になって子どもを出産してもアトピー性皮膚炎は遺伝しませんでした。

ここでは、完治への道を紹介しています。

もし具体的な治し方を知りたい方は、有料モニターとして参加して頂けます。
ここではっきり言わせてもらうとインターネット上での「完治法」等は信用できないものばかりです。
本気で治したい方のみ続きをお読みください。

まずはこれ!アトピー性皮膚炎を治すには【ミトコンドリア】が重要になります。

 

 

 

ステロイド剤

アトピー性皮膚炎にはステロイド剤がよくつかわれますが、かゆみを抑えるだけで、何の効果もありません。
逆に長引いて苦しむ期間が長くなります。
2006年に27%の日本人がフィラグリン遺伝子の変異が原因でガサガサ肌になっていると発見されました。
しかし、フィラグリン遺伝子の変異が発見されただけで改善はされませんでした。
結局のところ、根本治療ができていない証拠です。
アトピーは一言でいえば、身体が酸化している状態です。
酸化している状態を回復するには、ミトコンドリアを増強すれば確実に改善します。。
ただ、それだけの話しです。
それだけの話しなのに、何故情報がこんなに溢れているのでしょうか?
それは、商業目的とした薬やサプリメントが出回ってしまったためです。

 

 

 

 

ミトコンドリアの増強です。

みなさん、忘れないでください。
【活性化】【増殖】【糖鎖】の3つを確保すれば、改善されます。

それでは、本題です。
ミトコンドリアを活性化させる為に効果的なのは、4つあります。
①だけで改善した方もおられます。

①ちょっと激しい運動 効果:【活性化】【増殖】
丁度いい運動よりも、ちょっと激しい運動をする事により、
体内のミトコンドリアがよりエネルギーが必要と思い、
動きが活発になり、増殖もはじめます。
ここでオススメしているのは、ヨガやピラティスです。
特にピラティスは身体全体に効果があり、美容・健康にも効果があるからです。
こちらでもオススメのピラティスクラスをご紹介できます。

 

②食事を1、2回抜く 効果:【増殖】
断食という言葉がありますが、食事を1、2回抜くと、身体がエネルギーが不足していると思い、
増殖を始めます。

 

③ミトコンドリア食品 効果:【活性化】【増殖】【糖鎖】
遺伝子組み換えという言葉がありますが、遺伝子組み換えで作られた作物には、
ミトコンドリアの数や性能が弱いという研究結果があります。
遺伝子組み換えではない本来の作物をより、ミトコンドリアを取りやすくした食品があります。

 

④糖鎖増殖用サプリ 効果:【糖鎖】
糖鎖とはミトコンドリアから生えている毛のようなものです。
1日に癌細胞が4000~5000個作られます。
その癌細胞を検知する為に毛の役割をしている糖鎖が重要になります。
特許出願中の糖鎖増殖用サプリです。

 

 

 

 

ミトコンドリア食品

米連邦政府とバークレー大学が7年間で16億ドルをかけて、国家プロジェクト事業として開発。
BIGH coporation社が16億ドルで購入し、独占販売権を取得。

​研究内容
⓵世界最初の脳血流障壁透過物質を開発
⓶細胞内のミトコンドリアを活性化・増殖
⓷【癌・認知症・糖尿病・不眠症・自閉症・自律神経・肥満・鬱・貧血・リウマチ】が改善・完治
⓸3年間1400人以上もの臨床実験結果、細胞の復活

Nuri Cell(ニューリセル)
・役目
脳血流障壁の透過(BBB)
損傷した脳細胞内「ミトコンドリアの復元」
脳細胞・全身の細胞復元

・期待できる効果
認知症
パーキンソン病
アルツハイマー
不眠症
自律神経失調症
物忘れ
記憶力減退
糖尿病
メタボリックシンドローム
肥満
中風症候群

・主な成分
アセチル
カルニン
クリーティーン水化物
アルファリポ酸
コリンカルテット
マグネシウム

・価格
13,000円/1本
※1日3回1錠 全90錠

Nature Calm(ネイチャーカーム)
・役目
認知症予防
BBBを透過してミトコンドリアに栄養供給
神経・ホルモン・代謝等の均衛維持(睡眠不足・過敏反応)
心理的安定・ストレス緩和

・期待できる効果
免疫系疾患
ストレス緩和
リウマチ
糖尿病
皮膚炎
口内炎
消火器疾患
嘔吐・下痢
動脈硬化
貧血
脳卒中
認知症

・主な成分
ビタミン C
ビタミン E
ビタミン B1
ビタミン B3
ビタミン B5
ビタミン B6
ビタミン B12
葉酸(ビタミンM、ビタミンB9、プテロイルグルタミン酸)
アスコルビン酸カルシウム
コエンザイムQ10
アセチルシステイン
L-カルノシン
L-チロシン
L-テアニン
バリニン
ホスファチジルセリン
レスベラトロール

・価格
13,000円/1本
​※1日3回1錠 全90錠

※こちらはサプリメントではなく、食品です。
※子どもの飲ませる場合は、カプセルから粉を出し、ごはんなどに混ぜて飲ませてあげてください。

お支払いの前に「お名前」「住所」「個数」の登録をお願いします。
https://ws.formzu.net/fgen/S51975415/


BIGH



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です